地理空間情報産学官連携協議会 防災WG(第5回)が開催されました

データ所在の見える化、データ仕様の明確化・共通化に加えて、東日本大震災における災害リスク情報等の利活用調査の報告、ならびに平成24年度の活動計画案が示されました。
その他、学・産から話題提供が3件あり、SPACからは「東日本大震災復旧・復興へのG空間プロジェクトの貢献と推進体制について」と題し、話題提供を行いました。

ページトップへ戻る