自由民主党のG空間(地理空間)情報活用推進合同部会/宇宙・海洋開発特別委員会合同会議が開催されました

まず、北海道大学の鈴木教授から、「日米安全保障協議委員会(2+2)における宇宙関連の協力強化」について解説があり、次に政府から、G空間及び宇宙開発戦略関係に関する「政府の東日本大震災への対応」についての説明がありました。SPACからは「準天頂衛星システムの整備によるわが国災害対応能力の向上について説明しました。また、東京大学の柴崎教授の代理として関本特任准教授から、「G空間データセンターによる復旧・復興の加速」について説明がありました。

2011.6.28

ページトップへ戻る