東京大学空間情報科学研究センター社会連携・寄付研究部門主催の定例会にて講演致しました

 2018年6月13日、東京大学空間情報科学研究センターにて開催されました「社会連携・寄付研究部門主催の定例会」にて講演致しました。

 準天頂軌道から測位補強情報を配信する準天頂衛星システムは世界初の試みであり海外からも注目を集めています。
SPACが取り組んできた衛星測位補強システム(センチメータ級/サブメータ級)の開発と利用実証、さらに衛星測位補強のグローバル化、利用の高度化など最新の話題、今後の取り組みについて報告しました。

2018.6.20

ページトップへ戻る