衛星測位システムの受信機総覧2020 が発刊されました

1.本書の特徴

このレポートは、衛星測位チップ/モジュール/受信機メーカ39社の協力を頂き、衛星測位システムへの取組みや今後の準天頂衛星にかかる取組み、代表的製品について纏めた資料です。
衛星測位分野でサービス提供等などを検討されている企業様や団体・機関様など、受信機選定の際の一資料としてご活用いただけましたら幸いです。

   ・高精度衛星測位サービス利用促進協議会(QBIC)では、衛星測位分野の
    標準規格を補完しつつ、新しい技術に対応するためQBIC規格を創設。
    当規格は2020年ISO/WD24245として承認され、2021年6月までに
    委員会原案が作成される予定。
   ・衛星測位サービスに欠かせない受信機の概要をQBIC規格に準じ整理。
   ・準天頂衛星の信号に対応した測位端末の種類・用途、現状上市されて
    いる受信機(チップ、モジュール製品など)の対応信号や用途、価格
    状況等がこの一冊でわかるよう集約。
   ・受信機の動向分析、その傾向を示すとともに、携帯電話等で利用が始
    まった2周波受信測位の話題の他、高精度測位の場合考慮すべき地殻
    変動による測位への影響を説明。
   ・巻末に準天頂衛星サービスの期待される主な利用事例を掲載。

2.販売価格

   ・書籍版/CD-ROM版       各20,000円(税別)
   ・書籍版+CD-ROM版 セット版   35,000円(税別)
   ※SPACへ申込の方は、上記販売価格より10%割引致します。

3.簡易目次

 第1章 測位衛星端末の全般概要
   1.測位端末の分類について
   2.衛星・受信機一覧(参入企業の製品一覧)
   3.受信機動向について
   4.準天頂衛星QZS信号利用について
   5.高精度測位と地殻変動
   6.新たな市場創造~国内外のトピック事項
   7.準天頂衛星システム7機体制に向けた計画
   8.準天頂衛星システム受信機の市場規模
 第2章 個別企業・製品概要(39社の情報を掲載)

 <巻末資料>
   ・ISO/WD 24245 Space systems-GNSS receiver class codes GNSS
    受信機の分類コード
   ・衛星測位システム~準天頂衛星サービス・期待される利活用分野~

★詳しい内容は、以下ご覧願います。

——————————————– お申し込みフォーム ————————————-

・レポートのご用命/お問い合わせは、下記お申し込みフォームご記入の上
  spac-library@eiseisokui.or.jp へご返信ください。

 - 衛星測位システムの受信機総覧2020 –

 会社名・団体名:
 部署名    :
 お役職    :
 お名前    :
 ふりがな   :

 郵便番号  :
 住所     :
 TEL      :
 E-mail    :
 問い合わせ内容:
 ご返信先   : spac-library@eiseisokui.or.jp
——————————————————————————————————————————
発信元
 一般財団法人 衛星測位利用推進センター
 住所: 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 3階
 電話: 03-6435-6948、FAX:050-6865-7408
 宛先: spac-library@eiseisokui.or.jp
 ウェブサイト: http://www.eiseisokui.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020.9.23

ページトップへ戻る