中国地理空間フォーラムin広島で、すばる望遠鏡と高精度衛星測位の意外な関連性について講演しました。

 主題イベントが9月13日、14日の2日間広島市JMSアステールプラザにて開催されました。
産学官の連携により、地理空間情報がより広い分野で⾼度に活⽤された、地理空間情報を利活⽤した様々な取組、最新の技術動向等について紹介することを⽬的とし、地理学・地質学・都市⼯学・デザインなどの分野の有識者を講師に迎え、防災・都市・景観・まちづくり・交通・観光・歴史文化等の⾏政担当者、教育関係者、企業関係者、研究者等の皆様と共に、街歩きやグループ討議を通した、各分野への地理空間情報の利活⽤について考える場、広島エリアの地域間交流の場となりました。
 なお、SPACは高地における衛星測位の高精度化実証例として、ハワイのマウナケア山頂(海抜4,200m)の測位データを公開し、高精度化達成の報告をしております。



2018.9.27

ページトップへ戻る