高精度衛星測位サービス利用促進協議会

高精度衛星測位サービス利用促進協議会の概要

G空間社会の到来に備え、準天頂衛星システムが4機体制となり常時高精度測位サービスが可能となる2010年代後半までに、同サービスを国内のみならずアジア・太平洋地域で広く利活用するための環境整備が必要です。
このため、準天頂衛星システムのサービスの活用が想定される民間企業が、国内のみならずアジア・太平洋地域でビジネス展開するために必要となる業界横断的な課題を議論し、意見集約を行い、政府へ提言し、対応を促すことを目的に本協議会を設立いたしました。

概要についての詳細はこちら (PDF)よりご確認ください。

ニュース

ページトップへ戻る